医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 古事記を読んでみた
諸事情により、古事記を読んでみた。もちろん、現代語訳で。漢字にふりがなついているような子供向けの本ね。しかも、3巻あるうちの最初の1巻だけ。

現存する日本最古の歴史書。3巻。稗田阿礼(ひえだのあれ)が天武天皇の勅で誦習した帝紀および先代の旧辞を、太安万侶(おおのやすまろ)が元明天皇の勅により撰録して712年(和銅5)献上。上巻は天地開闢から鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)まで、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収め、神話・伝説と多数の歌謡とを含みながら、天皇を中心とする日本の統一の由来を物語る。ふることぶみ。

広辞苑より

ってことで、僕が読んだのは、日本の神話の部分だけ。どう日本列島ができたか、とかどう神様が生まれ、彼らが何をいしたかー、などが書いてある。

んで、ちょい感想をば。

神様、意外と人間っぽい。いや、やっていることは人間とほとんど変わらない。たまに、人間離れしたことするけど、やっぱり根底にあるのは、全知全能の神っていうより、よくありがちな人間模様。兄弟喧嘩とか痴話喧嘩など。今まで考えてた日本の神様像がちょっと変わりました。神様たちも大変だったんだなー、って。

よくつっこみたくなることもあったけど、全体的に読んでいて面白かったです。八百万の神なんてよくいわれるけど、日本に八百万の神がいるのは、ずっと昔からこういう神話が伝承されてきたからなのかなーと思う。

この神様たちが後の天皇や貴族になっていくらしい。もう、人間と神様の違いなんてよくわからん。(天皇は神様だったとしても、貴族って神様じゃないよね?)なんか、貴族の権益争いとかで古事記の内容がどんどん変わっていったんじゃないか、とか思う。

正直、現代語訳で、1巻だけ読んで古事記について感想を書くとかまじで生意気だと思う。正直、感想ってか、たんなるひとりごとになったるし。でも、年末年始の時間に古事記を読んでみるのもオモシロイと思ったので、ここで紹介しましたー。

ではでは。

2009.12.26 Sat l Category: None l Comments (1) Trackbacks (0) l top

Comments

No title
3年前かな、とある授業で英語訳の古事記をちょっとだけ読まされたんだけど、訳分からんかった。どの神様かの血が何かとなったとしか覚えていません。後は、「面白い」の語源ぐらい?

現代語訳で分かりやすい古事記や源氏物語などおすすめあれば教えていただきたいです。
2009.12.27 Sun l ペンペン. URL l Edit

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/102-7aecfed2
Use trackback on this entry.