医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 GREをうけてきました。
昨日、GREをうけてきました。最近ずっとその勉強してました。やっと終わりました。

GRE
GRE(ジーアールイー、Graduate Record Examination)は、アメリカ合衆国やカナダの大学院へ進学するのに必要な共通試験である。試験には、一般知識を問う General Test と、専門知識を問う Subject Test とがあるが、科学系専攻を志望するもの以外の出願には通常 General Test のスコアのみが必要である。 wikiより



結果は、まーこんなもんかって感じでした。verval sectionでは、上から60%くらい、quantitative sectionでは上から6%位だそうです。エッセイは結果待ちです。

以下、雑感。

・英語に関して、nativeとnon-native(むしろ日本人)の壁は厚いよね。やばい。ここ2ヶ月、verval sectionの勉強が全勉強時間の9割9分9厘を占めていたのに、この結果。目標にははるかに届きませんでした。。

・それでも、verval sectionのために覚えた単語は今後使えそう。映画とかみてても、ちょくちょく出てくる。んで、それがわかると地味に嬉しい。

・TOEFLとかGREは「〜テストセンター」とかで受けるのがいいと思う。ずっと前に、どっかの大学でTOEFLをうけたけど、環境が劣悪すぎる。それにくらべると、テストセンターは設備ばっちし。

・僕がここ2ヶ月かけて出した結果を、アメリカの優秀な学生なら1週間の勉強でかるく超えてしまいそう。とくに、verval sectionは勉強してない学生が間違いなく僕よりいい結果だ。とかしそう。考えててもしょうがないから、割り切ることが大切だなーと。

・今回の勉強を通して、いろいろな人に助けてもらいました。本当にいろいろな人に。直接、間接とわず。本当にありがとうございました。

・GREは学力を問うものではなくて、どれだけGREっていうテストを受けるのがうまいかを測るテストみたい。数学は簡単すぎて差がつかないし、vervalは単純に多くの語彙を知っているだけで高得点がもらえる。学力を問うための試験ではないよね。どちらかというと、大学院で勉強するための「最低限の素養」を測るものだと思う。(そうやってどこかに書いてあった気もする)語彙力は論文を読むときとか授業、ディスカッションとかで絶対必要だし、最低限の算数をできることは必要だよね。writing sectionはレポート、論文を書くためには必須の力を測ってるはずだし。だから、大学はGREで最低限の素養を見て、GPAとか推薦状とかでより専門性の高い能力を見ているんだと思う。うん。

・久しぶりに大阪に行った!

そんな感じです。いろいろ助けていただいた方々、本当にありがとうござました。
ではでは。
2010.07.18 Sun l Category: None l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/121-bec6c537
Use trackback on this entry.