医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 アメフトやってみた。
先週の土曜日、ハウスメート達とアメフトをしたときの話。

オンタリオ州出身のBがもうすぐ帰省するから、彼の送別の為にメシをみんなで外食。その後、アメフトを大学のキャンパスですることに。なんでアメフトかって?Bがアメフト好きだからでしょ、多分。

キャンパスのフィールドでやろうとしてたら、警備員に注意された。朝の1時くらいだから、しょうがないっちゃしょうがない。だから、僕らのアパート付近の駐車場でやることにした。(タックル禁止ね。痛いし。)アパートとキャンパスのフィールドは歩いて3分くらいの距離。この駐車場はキャンパスとアパートの間にある。この時点でやろうとしてたのは、カナダ人B、メキシコ人H、オーストラリア人J,んで俺の4人。

その後、駐車場でやってたら、アパートから
「俺もやるー。」
っていってフランス人のTがでてきた。その後メキシコ人L、アメリカ人Yとオーストラリア人Aが混じって、結局8人でやることに。

8人で和気あいあいとアメフトを楽しむはずだった。でも、問題が。カナダ人Bと2人のメキシコ人以外、ルールを全く知らなかった。

毎回毎回ルールを理解してないやつが、よくわからずに適当にプレーして、カナダ人Bとメキシコ人達が、
「それ反則だぜー。」
みたいな感じで、プレーをとめる。そんなことを繰り返しつつ、みんななんとなくやり方を覚えてきた。

ただ、フランス人Tがまったくルールを理解してなかった。むしろ、理解しようとしてなかった。みんなが休憩してるときに、ひとりで
「ルールとかどーでもいい!ボールもって向こうの線こえればいいんだろ!」
って言って、みんなが休憩してるなかボールをもって走っていった。んで、地面に5回ボールを叩き付けて、
「これで5点追加だぜー」
って言ってた。いや、おもしろすぎるぜ、T。

その後も彼はルールを理解する姿勢を見せず、ぐだぐだな感じでプレーは進む。

その他、ひとつ曖昧なルールを巡ってオーストラリア人Jが
'this rule doesn't make any sense AT ALLヽ(*`Д´)ノ'
みたいな感じでちょっと怒りだした。そりゃアメフトとラグビー違うもんね。

んで、なんだかんだで、若干微妙な空気の中プレーは進む。

ついに、例のTがブチギレて、
「こんなゲームやってらんねー。まったくおもんない。部屋に戻って勉強してた方がまだましだぜ!」
って言ってアパートの方へ歩き出した。(月曜日試験だもんね。俺とおんなじ講義とってるんですよ、このT。)

さすがに、みんな、
「もうちょいやろーぜー。」、「ちょ、待てよー」みたいなことを言って引き止めようとした。多分、彼らの心の中には、
「Bがもう次の日には帰っちゃうから、彼の為にもたのしんでやろーぜー」
って想いがあったと思う。

そんな呼びかけもむなしく、Tはひたすらアパートへ向かって歩いていった。アパートの入り口に着いたとき、彼はおもむろに振り向いて、
「ちょ、だれかIDカードもってね?ドア俺の為に開けてくれー (´・ω・`) 」
って駐車場に向かって叫んできた。(アパートのドア、IDカードが鍵の代りなんですよ。磁気式のやつ。)

流石だぜ、T。いや、マジでさすがだぜ。想像してほしい。ブチギレて部屋に戻ろうとしたのに、ドアを開けられずに、振り返って上記の台詞を俺たちに向かって叫ぶTの様子を。

そして他の奴らも粋すぎる。
だれもIDカードをTのために貸してやらない。こいつら粋すぎる!!

しょーがないから、駐車場まで「とぼとぼ」歩いて戻ってくるT。
そこですかさず、

「んじゃ、ルールもう一回全部まとめて復習しよーぜ!!」

ってメキシコ人。他の奴らも、うまいこと言うんだ、これが。

そんなこんなで、Tは再度プレーすることに。いや、お前ら粋すぎるっしょ。ブチギレて帰ろうとしたTをもののみごとにinvolveさせて、かつ以前よりもいい雰囲気でプレーを再開する。なんなん、こいつら??(TがIDカードもってたら、多分そのまま部屋にかえってたんだろーけども。)

っていう、粋なことがあったので、忘れないように書いてみた。

俺は何をしてたかって?
無難にルールを覚えて、無難にプレーしてたさ。んで、彼らの粋な言動を人ごとのように観察してたさ。ダメダメです。帰るまでにはこいつら並に粋になって帰るよ。

ではでは。
2009.04.29 Wed l 日常 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/2-7571cb40
Use trackback on this entry.