医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 [英語][リスニング材料]TEDを今更ながら紹介してみる。
今更ですが、紹介しときます。以前紹介した、リスニングの練習の方法の②精聴に最適な教材です。

TED(Technology Entertainment Design)は、年に一度カルフォルニアで講演会を開いているらしい。んで、その講演をネットで後悔してくれている。講演なので、大学の講義を聞けるiTunesUや、youtube EDUAcademic Earthとはその点で異なります。

TEDのいいところ

1. スクリプトがすごい!
講演者が言ったことすべて、文字に起こされています。画面の右にあるOpen Interactive transcriptをクリックすると、見れます。もちろん、英語です。でも、たまに翻訳もあります。日本語の翻訳もたまにあります。

スクリプトは、インタラクティブで、マウスを文章の上にもってくるとハイライトされます。下の画像みたいに。んで、それをクリックすると、講演者がその文章を言ったところに動画が移動(?)してくれます(!!)。これは本当にすごいです。使ってみると、とても便利です。聞き取れなかったところを、繰り返し簡単に聞けます。もしSafariを使っているなら、知らない単語がでてきても、意味を0.2秒で調べられます。すごい!!
Picture 4

2.時間がちょうどいい
1つの講演単位なので、だいたい20分以下。大学の講義のだと、90分程度が主かと。ながい。とくに精聴の練習なら、15分くらいがいいと思う。一度に聞くにはいい長さです。本当に、精聴にはもってこいです。

3.内容がある程度一般向き
内容がそんなに難しくないのが多いです。専門知識とか余りいらないと思います。ある程度専門知識がない人に向けて話されている講演ですんで。デメリットになりうるかもしれません。人によっては、もっと専門性があった方がいい!て人もいると思います。大学の講義だと専門用語とかよくでてくるしね。

4.ダウンロードが簡単
画面内にDownloadってセクションがあって、そこから動画を簡単にダウンロードできます。誰でもできます。音声だけを抽出してダウンロードできるときもあります。ipodとかにいれて、空き時間に聞くのもいいかもしれません。

他にもいいところはあります。講演者がすごい有名人が多いみたい。その分野でトップを走る人とか。たまに、自分が読んだ本の著者がいたりします。例えば、

collapse.jpg
Collapseの著者である、Jared Diamondさんの講演もあります。


irrational.jpg
他には、Predictably Irrationalの著者である、Dan Arielyさんも講演してます。



だからどうした?って感じですけど、なんか筆者の講演を聴けるって嬉しいです。内容は本に書いてあることだったりします。それでも、なんか得した気分になります。


他にもいいとろこがあるかもしれません。みつけたら教えてください。ここでは、他のサービスと比べて、特にいい!って特徴だけをあげてみました。

ちなみに、ここに埋め込んだ動画は、スクリプトが字幕としてみれるようになってます。

自分の興味のある分野の講演が絶対に見つかるはずです。内容も、堅いものから、ちょっとおもしろいものもあります。英語のリスニング力(特にTOEFLみたいなリスニング力)あげたいなら、オススメです。

ではでは。
2009.06.21 Sun l 英語の勉強 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/46-a3f2c7ac
Use trackback on this entry.