医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 盗難には気をつけようね。
盗難には気をつけようね。

久々にブログを書くけども、こんな話。

先週あたり、諸事情により京都のゲストハウスに泊まっていた。始めは、4泊予約した。けど、電話口の対応に、私が大人げなくイライラしてしまったこと、当日行ったらスタッフがいなくてチェックインがすぐにできなかったこと、どうも居心地がよくないと思ったことが原因で、すぐに出ようと思った。結局、キャンセル料金が惜しくて、2泊はすることに。おばちゃんは優しい感じだし、泊まっている人達もフツーのバックパッカーだけどね。どうも、苦手な感じがしたんだよ。

さて、今日このゲストハウスをでるぞ、って時の朝、同じ部屋に泊まっていた、オランダ人がso fu*ked upって連呼してた。どーしたのかなぁって思ってたら、イギリス人が話しかけてきた。

「盗難にあったんだけど、スタッフに状況説明してくれる?」

いやー。なるほど。なるほどね。よくよく聞いてみると、財布(種々のカード含む)、パスポート、カメラ等がカバンごと朝起きたら盗まれていたそうな。夜の間に盗まれたのね。なるほど。

いやー。俺を含め、同じ部屋に5人くらい寝てたけど、この2人だけが盗まれたらしい。気の毒に思いつつも、自分は大丈夫だったことにちょっと安心(←よく周りから自己中って言われるし、自分でもそう思う。)

日本も危なくなったものだねー。いくらこのゲストハウスが
・一日中だれでもはいれちゃうし、
・部屋に鍵ないし、
・スタッフ常備していないからって、
さすがに盗難があるとは思ってなかったよー。うん。確かに、盗難ありそうかも、って思ったけど、まさか実際にあるとは思ってなかったよー。ねー。

こんなことがあって、やっぱ日本でも気をつけないとなーって思った訳です。いや、まじめに。

以下、余談です。結局、ゲストハウスのスタッフは責任とれないし、どうしようもないってことで、彼らは交番に盗難届を届けにいくことに。彼ら、日本語話せなそうだし、交番の場所わからなさそうだったから、私も付いていくことにした。暇人だったし。

交番にいったら、誰もいなかった。いや、一人もいないとかなしでしょw
(その交番勤務のおじいちゃん、その時は他の用事で外出してたことが後で分かった。)机の上の電話を使って、警察のどっかに電話して、とりあえず誰か来てもらうことに。5分くらいで、ゆるい感じのおっちゃんとおにいちゃんがパトカーで来てくれた。

おっちゃん、すごい親しみ深い感じだった。盗難を受けた彼らは、パスポートもなくしたため、どうしても盗難受理ナンバー??みたいなのがいるらしかった。でも、それ発行するのにそれなりに時間がかかるらしい。オランダ人が電話した大使館のおねえちゃんが、電話口ですごい剣幕で

「なんで番号発行にそんな時間かかるんですか??そんな時間かかるような警察は日本にはありません。」

って言ってた。おっちゃんタジタジ。イギリスの大使館のおねえちゃんにもかなり強く言われていた。うん。大使館のおねえちゃん達って、なんであんなにイライラ?傲慢?高飛車?なんだろうね。露骨にこのおっちゃんを見下した感じがした。

お互いがうまくコミュニケーションがとれないとき、自分の言ってることがわかりにくいと考えるか、相手の理解力が不足していると考えるかで、話し方って大分かわってくるよね。特に、自分の中で相手との優劣を勝手に決めちゃうと、その傾向がより強くなるような。ちょっと気をつけようと思いました。

ただ、彼女達があんな強い口調で言ったのは、自分はエリートで、警察のおっちゃんは下っ端の権限もってない人、だと決めつけていただけが理由かな??大使館の人としては、なんとしても受理ナンバーがいる訳だよね。大使館の人は今までに何度も同じようなことをしてきたはずだから、実際どれだけ発行に時間がかかるかも知ってるはずだよね。ちょっと強めに言えば、なんとかなるって踏んでたんだろう。そう考えると、彼女達のやたら強い口調は、正しい戦略なんだなぁと思う。結局その日のうちにナンバー発行されることになったわけだし。

彼女達は、最小の労力で最大の効果を出せる口調を、これまでの経験から見つけて、実践しているだけなのかな。効率いいよね。

結局、いろいろ必要な書類はその日のうちにそろうことに。あんなにいろいろやってくれるのって、日本くらいなんじゃないだろうか。あのおっちゃんが、
「国に帰ったら、日本人の旅行者によくしてやってくれー。」
って最後に言ってた。僕もそう思います。はい。

私は今まで良くされてきた側なので、これから、困ってる旅行者がいたら、なんとか恩返しができたらなぁとか思ってみた今日このごろです。

ではでは。
2009.08.12 Wed l 日常 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/62-618c6bd4
Use trackback on this entry.