医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 【ブックレビュー】数に強くなる
数に強くなる
畑村洋太郎

数につよくなる

よんでみた。よんだからって、別に数には強くならないと思う。ただ、数に対する捉え方が変わるかもしれない。

1. 数につよくなる
数の属性は
1.種類
2.狭い意味での数
3.単位
の3つがあるそうな。例えば、「りんご3個」は「りんご(種類)3(狭い意味での数)個(単位)」で成り立つ。どれか一つでもかけたら、意味がよくわからない。

んで、数字に強い人は、物事を積分的な側面、微分的な側面の両方から全体を大づかみにとらえることのできる人、だそうな。財布でいうと、今までいくらお金が貯まったか、が積分的な側面、任意の時点でどれだけお金がはいったか、出たか、が微分的な見方。

さらに、数字に強い人は、具象と象徴の間を行ったりきたりできるそうな。例えば、りんご3つという具象の世界から、「3個」を取り出し、その数字を加工して、さらにそれをまた具象の世界に変換するって作業ができるってこと。んー。

りんご3個(具象)

3個→3×200(リンゴ1個あたりの重さ)=600(象徴)

りんご600g(具象)

大きな視点を持ち、具象の間を自由に行き来できる「数につよいひと」は、
例えば、カレーを作ろう!と思ったときに、だいたいの感覚でどんな材料がどの程度の量必要か、をサクッと推定できる。

全体をみえるので、カレーに何が必要かわかる。何が必要かわかったら、どの程度の量が必要か具象と象徴を行き来して推定する。一人前あたりジャガイモは1個くらいだろうから、5人前なら5個くらい必要かな、といった具合に。フェルミ推定にちょっと似てるよね。

2.数の感覚をみがく
11とか13、43とか気味が悪い数字は素数が多いよねーなんて話しで始まる。そう考えてみると面白い。数字を擬人化すると、24とても社交的である。複数の数と同じ因数をもつから。18とか6とかと仲がよさそう。はんたいに、11は友達少なさそうだよね。自分を数字にするならいくつだろうか。

数の感覚を磨くために、筆者はあらゆる物を数値化する訓練を常にしろ、と勧める。例えば、自分が2階にいるとしよう。2階に来るまで、何段階段をのぼった?

まー、天井は3mくらいとして、階段一段当たり20cmくらいにしようか。10cmだと低いし、30cmだと高すぎるでしょ?
だから、だいたい15段くらい?フェルミ推定だね。

他にも、ものの重さの推定の方法や、鉄の膨張率の推定の仕方なども紹介されている。これは、面白い。

最後に、ppmとかがどれくらいの単位なのかわかりやすく説明してくれる。数の感覚をみがく、っていう章でした。

その後の章は筆者の持論が続く。2-8の法則とか良く知られた法則も。

例えば、音と数字の話。奇麗に聞こえる和音、ドミソの周波数は、4:5:6である。それぞれの音の間にある半音のかずは,3:4:5。やべ、ピタゴラスの定理くさくね?

3元色にも同じことがあてはまる。すげー。等々、面白い話しばかりです。

以上、これを読んだからといって数に強くなるかはわかりません。筆者の定義によれば、上記の訓練を繰り返していけば、「数に強い人」になれると思います。



2009.11.17 Tue l ブックレビュー l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/89-1a5e3558
Use trackback on this entry.