医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 ウェブについて知りたいんですけど。。

追記 答えていただいた方が、自身のブログで更にわかりやすくまとめてくれました!
ウェブリテラシーをつけたいです…のこたえは?



ウェブについて知りたい。ウェブリテラシーなるものを身につけたい、と思った。幸い、その道に通じた人が寮にいたので、質問してみた。シリコンバレーとかにも行ってきたそうな。外資の大企業でも働いてたそうな。今はフリーランスだそうな。

すげー丁寧にメールしていただいた。本当にありがとうございます。また今度チョコレート持っていきます:)

独り占めするのは勿体無いので、コピペします。
ITのプロから、なにも知らない学部4回生に向けたメールです。

以下、コピペ。

どんなサイトや本があるかな、、、考えてみました。
ながながごめんなさい。

新サービスや製品に関する情報:
* cnet http://japan.cnet.com/info/feed/
* tech crunch http://jp.techcrunch.com/
* itmedia http://www.itmedia.co.jp/
* internet watch http://internet.watch.impress.co.jp/

他にも山ほどあるのですが、大体この辺を追って語られている言葉や概念がわかって、
売り買いされたりサービスをローンチしたりする企業がわかっていれば OK。いずれも本家英語版も有。
…でも興味ないと読むのつらいかも(私は B4 の時はつまんねーなと思って読みませんでした…)。
とりあえずおためしくださいな。

これらを読んで更に自分でいくつか使ってみて、
deep insight としてまとめられていたら面接官より強いです。

使ってみるとよさそうなサービスは以下
* facebook, mixi, Linkedin (両者の比較, ユーザ層, 嗜好, ビジネス)
* Google, Bing (検索エンジンの比較。キーワード検索、画像検索 etc.
国別に有名なエンジンも一応把握しておくとよいかな。シェアや好みと合わせて。どう作られているのか、何がすごいのかを考えるのも大事だと思います。"検索エンジンがどうできているか考えて説明してください"
というのはよい質問だと思っています。)
* twitter (バブルなので。でも半公開コミュニケーションはおもしろいです)
* ニコニコ、Youtube (比較, 赤字の理由など)
* wikipedia (すばらしいツールなのは確か。でも万能論の影にはいろいろあり。各国のページ数なども見ておくとよいです)
* Gmail, SugarSync( DropBox) などのデータをネットワーク経由でサーバにおいておく系統のサービス (実際に便利)
* ブログ (なんだかんだいって大事)
* グループで作業するためのツール (wiki, Google Groups とか。プロジェクトでこういうのをうまく使った経験があれば尚◎)
* RSS reader
(* ソーシャルブックマーク)

あとサービスではないですが押さえておくと良さそうなこと
* OS の傾向 (Windows, Mac, Chrome OS, Linux etc)
* Mac, Windows の比較。Mac のたちいちなど(Mac ユーザだから知ってるか。)
* デバイスの傾向 (iPhone, Android のはなしからタッチデバイス, 省電力な流れとか諸々)

で、deep insight を築く一助となりそうなブログが以下 (偏っています…)
* ほりえもんのブログ http://ameblo.jp/takapon-jp/ いわずと知れた。本貸せます。
* 切込隊長ブログ http://kirik.tea-nifty.com/ ウェブ世界の有名人。2ch
の黎明期にたずさわっていた人。個人投資家。この人は本も冷静でよいです。本貸せます。
最近のものだとこういうのがおもしろいです: "日本だけtwitterバブルが異常"
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/11/twitter-70d4.html
* 高城剛 ブログ http://blog.honeyee.com/ttakashiro/ ノマド。テックな話題もつぼを抑えています。

好みのブログから、何かインスピレーションを得られるブログを新にみつけていくのも
情報ソースの資産を築く一歩 :-)

本は"クラウド" とか "2.0" とかバズワードが出る度に解説本や新書が山のように出るので手にとるのも有。
とはいえキリがないので私はよっぽど著者がよくないと読みません。
あとは『ウェブ進化論』とか『パラダイス鎖国』とか話題になる本はおさえておくと◎。立ち読みであくまで客観的に。
『インターネット白書』など白書系は数値で見られるので、一度ばらっと抑えておくとよいです。
新しいことにはそこまで触れられていませんが、全体の傾向は見えます。

あとはせっかく就活時なので会社説明会に行って質問しまくるのも手でしょうか。
クラウドクラウド 2.0 ソーシャルとか魔法のように言う人たちいると思うので
ビジネス寄りなら Google, Microsoft, IBM、
コンシューマ寄りならドワンゴ, DeNA, Mixi, Gree, はてな, サイバーエージェントなど。



以上です。本当にありがとうございました。自分で実践してみて、気が向いたらここにブログに書いていこうかと思います。いや、書きます。
2009.11.22 Sun l 日常 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/90-d7638ab4
Use trackback on this entry.