医師 求人 父の日 「おもしろき こともなき世を おもしろく」 矢印相手向き→not 緊張
毎年、11月の連休はNovember Festivalっていう京大の学祭がある。住んでいる学生寮(吉田でも熊野でもないよ。)で模擬店を出しました。それに関してはまた別のエントリーで。

さて、模擬店でスタッフやってるときに
「すいません。」
って言われてずっと違和感を抱いていた。
-追記-
品物とかお釣り渡すときに言われた「すいません」。声をかけるときの「すいません」ではないよ。


なんで、お客さんに言われるのだろう。そーいえば、よく店員も言ってるよね。便利な言葉みたい。たぶん、

「お手数かけちゃって、ごめんなさい」

ってことだと思う。これ、矢印自分向きだよね?「お手数かけちゃった自分」を自分で見て、ごめんなさい、って。

逆に、'Thank you'っていうときは、「いいことをしてくれた君」にありがとう、だと思う。だから矢印は相手向き。

ちょうど最近、日本人はシャイだよね、って話しを聞いた。

sometimes it makes me feel like I was a monster here cos everyone is just scared to talk to me. I know that Japanese consider themselves as shy, but still...



日本在住の留学生の言葉です。シャイって、矢印自分向きで、自分がかっこわるかったり失敗したりする姿を想像するからじゃないでしょうか。って思うのは俺だけかな?正直なところ、自分はこんな感じです。自意識過剰なんだと思います。

ところで、卵と鳥の議論と同じように、シャイだから矢印自分向きなのか、矢印自分向きだからシャイなのかどっちか僕にはよくわかりません。じゃーどっちもでいいや。

ってことで、シャイにならないためには、矢印を相手に向けたらいいのではないでしょうか。相手のことをひたすら考える。

もしかしたら、就活の面接でも矢印を相手に向けたら緊張しないかもしれないね。(どっかで聞いたことある話)。

ってことで、まとめると、

矢印が自分向きだから→シャイ
not シャイ→not 矢印自分向き(=相手向き)

んで、因果関係どっちかよくわからんってことにしたから、

矢印相手向き→not シャイ

シャイであることと緊張することに何らかの関係性があると仮定して、シャイを緊張に置き換えてみる。

矢印自分向き→緊張
矢印相手向き→not 緊張

だから、緊張したくないときは、相手のことを考えましょう!
っていう結論にいたりました。高校生みたいなことを大学生になっても考えている次第であります。

最後に。

英語の勉強を再会することにしました。英語で勉強はしてたけど、英語の勉強は半年以上ぶりです。ってことで、毎日ブログの下の方にその日学んだことを書いていきます。完全に自分のためだけです。

ではでは。
2009.11.24 Tue l Category: None l Comments (5) Trackbacks (0) l top

Comments

No title
>「お手数かけちゃった自分」を自分で見て、ごめんなさい、って。
>逆に、'Thank you'っていうときは、「いいことをしてくれた君」にありがとう、だと思う。だから矢印は相手向き。

とも言えないんじゃないかな。
「すいません」は、「あなたの時間を頂いてもよろしいですか。」っていう問いかけと考えると、そのベクトルは相手の方向を向いているとも言えるし、
「Thank you」は、「君のしてくれたことは私に有益だったよ」という意思表示と捉えると、そのベクトルは自分に向いているとも言えると思う。

でも、日本人が他人(特に他の国の人)と接触することを若干怖がってる(?)節はある気がする。
怖がりってか、慣れてないものに慎重なのかな。。?
2009.11.24 Tue l Mickey. URL l Edit
No title
ブログ読ませていただきました。

「すみません」とか「ありがとう」とかに関しては、言語学のnegative politenessかpositive politenessと関係あると、日本語教育の授業で聞いたことあるような気がします。よく分かりませんが・・・w

面接でも普段の生活でも、ちょうどいい緊張加減が必要だと思います。全然緊張しないと、どんなに相手のことを大事にしているか伝わらないかもしれないし、緊張しすぎるのもダメだし。balanceが大事?
2009.11.24 Tue l ペンペン. URL l Edit
No title
コメントありがとー。ちょっと僕の考えをば。

まず、「すいません」ってのは、見知らぬ人に話しかけるときに使うものではなく、例えば、贈り物をもらうときにいう「すいません」を想定してました。よく言うでしょ?これ、英語で言うとすげー不自然だよね。

A:'Here is a present for you!!'
B:'oh. I'm sorry.'
A: '......? You do not like the present?'
って感じになるでしょ?贈り物を渡すときに、「つまらない物ですが」って言うのと似た感じかな。これも、矢印自分向きな気がする。


その上で、話しかけるときに使う「すみません」について。
そもそも、ベクトルは話しかける相手に向かっていると思います。そりゃ、話しかけてるんだから、どんな言葉も、その人にベクトルが向くよね。

んで、なんで「すみません」って言わなければいけないの?そりゃ、相手の時間をつぶすからだよね。

「相手の時間つぶす自分」に矢印が向かうから、すいません。

ってことで、やっぱり矢印は自分向きだと思うんだ。
確かに、誰に対して話しているかっていうレベルで見るとベクトルは相手向き。んで、話しかける行為のもとになる思考のレベルで見ると、矢印は自分向き。(ベクトルと矢印は便宜上使い分けた。どっちがどっちでもいいけど。)

「時間をつぶしてくれる相手」に矢印が向かうなら、ありがとうって言うと思うんだ。でも、矢印がそうなるのは実際にこちらの問いかけに答えてくれたときだよね。だから、最初から「ありがとう」って言わないんじゃないかな。

詭弁だね。
>とも言えないんじゃないかな。
ってのは、言えなくもないと思う。もちろん、このこと自体は、他方(ベクトルは相手向き)と言えることを否定はしないよね。

感覚的に、
Excuse ME.
Excuse MY ~.
I am sorry.

Thank YOU.
I appreciate YOUR help.

だから、まーそっちの方向かと。
んじゃー。
2009.11.24 Tue l シャイな人. URL l Edit
No title
>ペンペンさん

どもー。バランスが大切ーですよねー。バランス。

基本思考が自分中心なので、非常にわかりにくい文章になっちゃいました。ごめんなさい。

バランスですよねー。再考します。
2009.11.25 Wed l 緊張しっぱ. URL l Edit
No title
レスポンスありがとー。
さらに書いてみるw

>感覚的に、
>Excuse ME.
>Excuse MY ~.
>I am sorry.

>Thank YOU.
>I appreciate YOUR help.

なるほど!って思った。

確かに、誰の行為についての発言かって視点から見ると、
日本語は、自分の行為について「すいません」で
英語は、あなたの行為について「ありがとう」だね。

でも、その発言が想定している主体は、
「YOU excuse me」
「I thank you」
って感じで、
日本語では、相手の視点から発言していて
英語は、自分の視点から発言しているともいえる。
(I'm sorryは、想定する場面が違うと思うので除外)

贈り物をもらうときは、確かに日本人は、
「(私のような者に御手間をお掛けしてしまい、)すいません」
的な発言もするけど、
それと同時に「ありがとう」を言うことも多いんじゃないかな。
誰かにプレゼントをする場面で「すいません」しか言われないことって、あんまりない気がするし、
個人的に、若干失礼だと思ったりw

ん~、論点ズレた気がするw
sorry w
2009.11.25 Wed l Mickey. URL l Edit

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiroki0129.blog126.fc2.com/tb.php/92-3cf820bf
Use trackback on this entry.